ページの先頭です
メニューの終端です。

よむとす No.33 「本の名前」 2012年05月17日

[2017年6月8日]

ID:141

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「本の名前」

中央図書館 杉本敏子

何を読もうか迷っているとき、本の名前(書名)は大きな決め手になると思います。まして、興味のない分野の本なら書名に惹かれて読むことも…そんな、魅力的な書名の本を紹介します。

『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』

『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

小林 朋道/著 2007年3月 築地書館

自然豊かな鳥取環境大学(大学の名前も凄い)キャンパスで起こる動物事件が書かれています。鳥取県で初めてとなるオヒキコウモリの捕獲、無人島で暮らす野生の雌ジカの発見など、ほのぼの体験記です。

『先生、モモンガの風呂に入ってください!』

同じシリーズの最新刊です。

『先生、モモンガの風呂に入ってください!』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

小林 朋道/著 2012年1月 築地書館

鳥取県智頭町芦津のモモンガの森の保全と地域活性化を結びつけた「芦津モモンガプロジェクト」の様子が書かれています。生態調査用の巣箱に住むモモンガの様子がかわいらしい一冊です。

『ダチョウ力』

『ダチョウ力』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

塚本康浩/著 2009年3月 朝日新聞出版

そのものずばり!インフルエンザウィルスに強いダチョウ抗体を使ったダチョウ抗体マスクをはじめ、知られていないダチョウの能力がわかります。本文から著者のダチョウに対する愛情も伝わってきます。

よむとす

「よむとす」とは“読む“と“~せむとす”(ムトス)を合わせた造語です。

飯田市におけるムトスの精神を生かし、読むことにかかわる活動の推進と支援を目的とした読書活動推進の合言葉です。