ページの先頭です
メニューの終端です。

よむとす No.19 “だれにでもある思い出”の本 2011年10月15日

[2017年6月7日]

ID:67

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

“だれにでもある思い出”の本

他の人からみればたいしたことないことでも、その人にとっては格別の思い出というものが、誰にでもあるのではないでしょうか。今回は、心の奥を優しい気持ちにしてくれる、そんな本をご紹介します。

『家の履歴書 今は亡きあの人編』

『家の履歴書 今は亡きあの人編』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

斉藤明美/著 キネマ旬報社 2011年

紹介されているのは、高峰秀子さん、三代目古今亭志ん朝さん、久世光彦さん、緒方拳さん、藤田まことさんなど、29名。目次だけ見ると、一見、普通の芸能本という感じがしますが、それぞれの方が、どんな家で暮らしてきたかを語ることによって、自然と生い立ちや時代背景が描き出されるようになっています。
「家」という、人生において切ることのできない部分に視点を当てたことで、今までにない伝記本としても楽しめます。
間取り絵付きで、等身大で語られる各々のエピソードは、理屈なしで読む人の心の中に静かに入ってきます。

合わせて『家の履歴書 男優・女優編』(別ウインドウで開く)もどうぞ。

『ついこの間あった昔』

『ついこの間あった昔』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

林望/著 弘文堂 2007年

『写真でみる日本生活図引』(1~8巻・別巻 弘文堂 2007年 中央館所蔵)から、著者が、昭和20~30年代の写真を中心に選び、それぞれに独特の解説と思い入れを語っている本です。
遠いようで近い、近いようで遠い、けれども確かにその時代があったことを身近に感じさせてくれる、さまざまな写真を味わえます。

図書館のビジネス支援サービスをご利用ください

お仕事に必要な資料探しのお手伝いをします。

  • その他、調べ物相談をお受けしています。ご一報ください。
  • 雑誌や新聞等の記事のコピーを取り寄せて提供します。(実費)
  • 所蔵のない本でも、購入または全国の図書館網を通じてお探しします。(無料)