ページの先頭です
メニューの終端です。

よむとす No.10 2011年01月12日号

[2017年6月8日]

ID:4

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年01月12日号

『緋色の皇女アンナ』

『緋色の皇女アンナ』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

トレーシー・バレット/作 山内 恵子/訳 徳間書店 2001年3月発行
中央図書館所蔵 J933 ハレ 上郷図書館所蔵 T933 ハ

物語の舞台は十一世紀のビザンチン帝国(東ローマ帝国)。皇女として生れたアンナは、婚約者とともに玉座に就く日を心待ちにし、次代の皇帝となるべく帝王教育を受ける日々を送っていました。皇帝である父から期待や愛を一身に受けるアンナでしたが、弟のヨハネスが生れたことで歯車が狂いだします。
他国への遠征で不在がちな父に代わり影の支配者となった祖母は、才気あふれるアンナの存在を疎み始めます。対立する祖母と母の間に挟まれながら、権力争いの渦に巻き込まれていきます。そして祖母とヨハネスの罠に嵌められたアンナは、ヨハネスに王座を奪われ、山奥の修道院に幽閉されてしまいます。
王宮の影で繰り広げられる陰謀の中で、王位継承者としての誇りを持ち立ち向かったアンナの生き様を描いた作品です。王宮での緊迫した展開、アンナの努力が裏目に出てしまうもどかしさ、修道院での行い、そして友人を得ることでの人間としての成長…。読んでいるうちに物語の中にどんどん引きずり込まれていきます。手に汗握る展開もさることながら、登場する人々のキャラクターも魅力的です。
ぜひ一度読んでみてください。

今年の干支は“うさぎ”

今年の干支にちなんで“うさぎ”の本を紹介します。

『うさぎのホッパー イースターバニーになりたいな』

『うさぎのホッパー イースターバニーになりたいな』詳細情報のページはこちら(別ウインドウで開く)

カトリン・ゼィーゲンターラ/マーカス・フィスター/作 マーカス・フィスター/絵 小沢正/訳
フレーベル館 1994年1月発行
中央図書館・上郷図書館所蔵 E フイ 請求記号 493 カネ

イースターバニーは、風より速く走れ、草むらに隠れたら誰にも見つけることができない、勇敢でキツネなんかも怖がらない、そんな伝説のうさぎです。
イースターバニーに憧れたホッパーが、イースターバニーのようにふるまおうとしていく中で、たくましく成長していくお話です。
うさぎどしのはじまりに読んでみてはいかがでしょうか。