ページの先頭です
メニューの終端です。

第24回伊那谷地名講座「中馬街道の歴史と地名3」を開催します。

[2020年8月30日]

ID:771

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「街道がもたらした飯田町の文化と地名」

江戸時代(近世)の飯田町は、東海地方や信州奥地をはじめ広範な地域の産物や文化が「中馬」とともに運ばれた町です。その流通網の発展が、椀や元結などの地場産品の生産を盛んにしました。また、人形芝居や歌舞伎などの芸能や、茶の湯の文化などがもたらされ、人々の豊かな生活を育むとともに、小京都飯田と呼ばれるような地域文化の発展につながりました。

今回の講座は、中馬によって飯田の町にもたらされた歴史や文化についての話をお聞きし、図書館より飯田の地名についての本の紹介を行います。


講座概要

当日は新型コロナウイルス感染症の感染防止に十分配慮して実施します。

参加者の皆さんはマスク着用のほか、手指消毒の徹底などにご協力お願いします。

日時

令和2年9月27日(日曜日)午後1時30分から午後3時


会場

飯田人形劇場

※中央図書館ではありません。

※マスク着用でご参加ください。

講師

前澤 健さん (高森町立高森北小学校 教諭)

参加費

無料

※事前申し込みをお願いします。


申し込み

9月24日(木曜日)までにお申し込みください。

申し込みは飯田市立中央図書館の窓口もしくは電話0265-22-0706で受け付けます。           

インターネットでの申し込みは次のページでできます。  申し込みフォーム(別ウインドウで開く)

主催

飯田市立中央図書館・伊那谷地名研究会

お問い合わせ 

飯田市立中央図書館

電話 0265-22-0706  

メール(別ウインドウで開く)


チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

第24回伊那谷地名講座「中馬街道の歴史と地名3」を開催します。への別ルート