ページの先頭です
メニューの終端です。

第19回伊那谷地名講座「大平街道の歴史と地名」を開催します

[2018年8月28日]

ID:590

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「大平街道の歴史と地名」ー道の歴史と地名ー

大平街道に関する歴史上の記録文書は、東山道神坂越の駅制が実施されたことを示す『続日本紀』大宝2(702)年にあります。

「大平街道」は伊那谷と木曽谷を結ぶ単なる街道ではなく、この街道には伊那谷の歴史としっかり結びついた縮図があります。

古代から中世、近世、近代、そして戦後の高度経済成長の大波のなかでのいわゆる「過疎・過密現象」による大平集落の解散までの歴史と、それにまつわる「地名」についてお話しします。



講座概要

  • 日時 平成30年9月22日(土曜日)午後1時30分から午後3時

  • 会場 飯田市立中央図書館2階研修室

  • 講師 清水 迪夫(伊那谷地名研究会会員)

  • 参加対象 中学生以上

  • 受講料 無料

  • 申し込み 飯田市立中央図書館の窓口もしくは電話(0265-22-0706)にてお申し込みください。   

           申し込みの締め切りは9月22日(土曜日)の午前中までです。

  • 主催 伊那谷地名研究会・飯田市立中央図書館

伊那谷地名講座「大平街道の歴史と地名」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ お申し込み

飯田市立中央図書館(0265-22-0706)



第19回伊那谷地名講座「大平街道の歴史と地名」を開催しますへの別ルート